売掛金をファクタリングで回収する

ファクタリングとは、納品済の商品代金、サービスの提供が完了して請求済みである売掛金などの債権をファクタリング会社に譲渡することによって売掛金の早期回収を可能とするサービスのことです。
法人同士の取引は通常、ある特定の期日を定めて代金の授受を行うことが一般的であるため一時的に売掛金が発生することになります。そのため資金回収までにタイムラグがあることから、経費の支払、新たな仕入れを行うなどの企業活動を継続させるためには銀行から借り入れを起こすなどで資金調達を行う必要があります。しかし借入金が増加することは財務内容が悪化することにつながり、場合によっては借入ができないという可能性もあります。そうしたキャッシュフローの問題を解決する一つの手段としてファクタリングは非常に有用な手段の一つといえます。
そして、仮に債務者が倒産したとしても、ファクタリング会社に対して資金を返済する必要がないということも大きなメリットの一つといえるでしょう。
ただし、当然いくつかデメリットもあります。支払期日が到来していない債権を買い取ってもらうことになるため、期日に応じた手数料が必要となります。売掛先の与信状況によって手数料率は異なってくるため注意が必要です。
上記がファクタリングサービスの主な特徴ですが、緊急の資金が必要となる状況に直面することもあるかもしれませんので、一つの資金調達のしゅだんとして利用を検討してみても損はないでしょう。